« 反省 | トップページ | 山菜大好き »

2008年6月20日 (金)

ケータイ撮影

Resize1008_2

雫石自家用缶詰委託加工所というところで、タケノコを缶詰にしてもらっていました。
ここは、専用の缶を購入して、山菜を詰めて持っていけば、缶詰にしてくれます。

Resize1064

タケノコ採りの苦労と缶詰にした手間を考えると、なかなか開缶することが
できなかったのですが、自分達が採ってきたタケノコの美味しい部分を缶詰
にしたので、自分達は硬いところしか食べていませんでした。
やはり、軟らかい美味しいところを食べたい!の意思には勝てなく、開缶!

Resize1065

OH!3週間ぶりに見る、我がタケノコちゃん!

Resize1066

色が、ちょっとよどんだ感じに見えますが、味は大丈夫です。

ちなみに、この画像はすべて携帯電話のカメラで撮影しました。
やはり色のノリはイマイチです。
プリントを前提にした場合は、ケータイで撮影する気にはなりませんねえ。
おいおい、デジカメ・ケータイプリントをしましょう!と言ってるのにそんな
ことを言うのかい?と突っ込まれそうですが。

これは、個人の許せる範囲の差ですね。
我々がこんな写りの写真にするの?と思っていても、お客様にとっては
全然OKな場合がほとんどです。
言い換えれば、それほど高画質な仕上がりを求めていないお客様が多い
ということです。

ただ、結婚式の披露宴で、ケータイで写しているみなさんって、写真にして
いますか?
当店には、ほとんどプリントにこないですね。
せっかく写してあげてるんだから、写真にしてプレゼントしましょうよ。

披露宴のスナップを撮影していると、ケータイで撮影なさる方の手が横から
出てきて、かぶるんですよね。
ケータイってほとんどズームが付いてませんよね?
だから、手が伸びてくるんですよ。
「おたくら、ケータイでそうやって写して、なんかするのか?どうせ写しっぱなし
でなんもしないでしょ?邪魔しないでくれ~」と心で叫びながら格闘bearingしていま
す。
デカ夫は、撮影中は「俺はカメラマンだぞ!」オーラを消しています。
デカい身体をできるだけ目立たせないよう注意し、要所要所のカットを撮影
したら、お客さんの撮影のためにすぐにしゃがみます。
ですから、ケータイの方々は、カメラの前に手を伸ばさないようにしましょう。

ケータイからも結婚式のプリントが来るのであれば、仕方が無いなあ、とも
思いますが、ほとんどの方がプリントをしない実情ですから、こんなことを
書いてしまいました。

« 反省 | トップページ | 山菜大好き »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 反省 | トップページ | 山菜大好き »

当店イチオシ!

FACEBOOK 「いいね!」

ツイッター


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazonウィジェット

無料ブログはココログ