« ケータイだって・・・ | トップページ | じ、実は・・・ »

2008年6月23日 (月)

結婚式のスナップ

Resize1080_2

チビ子製作の商工会ふうりん改です。
この2年、商工会から店に配布されていますが、1シーズンでボロボロに
なりますので、昨年は「風林火山」の文字を書いて、風鈴とかけたものを
自作して飾りました。
今年は、当店のマスコット「ガッシー」と写真倶楽部の願いをこめた短冊
の二種類を飾っています。

-------------------------------------------------------------

昨日は大安でして、いつものホームグランドでの結婚式の撮影でした。
ただ、チャペルでの撮影が久しぶりでした。

デカ夫が行っているホテルでは4,5年前にチャペルをリニューアル
してから、ほとんどの式がチャペル式になりました。
1日に7,8件の結婚式があったとして、割合としては1件ないのでは?
まあ、ほとんどがチャペル式となっているのが実情です。

それが、巡り合わせというやつが重なり(先週は八幡宮での撮影、その
前は神前式、その前は披露宴のみ2回、さらにその前は人前式)まして、
ほぼ1ヶ月ぶりにチャペルに入りました。
年間、5~60回はチャペルで撮影していると思いますが、1ヶ月間隔が
空くと、感覚が鈍るものです。
デカ夫の師匠が言ってましたが、「結婚式のスナップ撮影を一番上手に
撮影できるは、そこの会場にいつもいるカメラマンだ」という意見にデカ
夫も賛成です。
どんなにすごいカメラマンでも、式の流れ、披露宴の流れを把握してい
ないと難しいと思います。
披露宴も、ホテルの営業マン・アドバイザーと簡単な打ち合わせ、ヘッド
(黒服の進行係)とアイコンタクトなどで、ケーキカット、メインキャンドル
余興などの要所要所のカットを押さえていきます。

実は、その他に司会者さんも良いスナップ撮影のためには重要なんです。
カメラマンにもスポーツ、コマーシャル、スタジオなどジャンルがあるよう
に、司会者さんにもあるんですね。
ホテルの専属司会者でなく、テレビ局のアナウンサーさんを自前で連れ
てこられる方がたまにいますが・・・
しゃべりは、当然プロなのでOKなのです。
ただ、間とかタイミングが違うんですよね。
司会者自身のペースで進めてしまって、ホテルのスタッフと息が合わない
んですよね。
時々、ホテルのスタッフと目を合わせて苦笑いしてしまうこともあります。
あまり詳しく書くと司会者組合(そんなのあるか?)から苦情がくるかも
しれないので省略します。(笑)

要は、デカ夫は、ホームグランドでは良い仕事をしている自信があります
よ!っていうことでして。(なんだ自慢か!と突っ込まれそうですが)
ただし、下請け業者なので、ホームを名乗るわけにもいかず、自分の
撮影した画像でも、元請けの管理であって、自分の作品ではないのです。
撮影の仕事をもらっているので感謝しております。
でも、このままで下請け人生ではいけないと思っているのです。
こう見えても小さな胸を痛めているのですよ。

« ケータイだって・・・ | トップページ | じ、実は・・・ »

こぼれ話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ケータイだって・・・ | トップページ | じ、実は・・・ »

当店イチオシ!

FACEBOOK 「いいね!」

ツイッター


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazonウィジェット

無料ブログはココログ