« 本日、七五三です | トップページ | それでは、スタジオは? »

2008年11月17日 (月)

EOS40Dを仕事で使ってみる

デカ夫は以前、写真でお金をもらう以上、使うカメラは最高級品
でなければならない、という考えでした。

フィルム時代のスナップ撮影は、ニコンF4、F5やキャノンEOS1V
などの一流メーカーのフラッグシップ機を使っていました。

ところが、デジカメ時代に突入してからは、とてもフラッグシップ機を
買うなんていうのは無理でして。
なんせ1台7~80万円もするので、サブと合わせて2台なんてとても
買えません。

現在は、EOS5Dをメインにして、サブは10Dを使っていました。
はっきりいって、10Dはサブにもならず万が一の予備でして、実質は
5Dの1台だけで頑張っていたようなものでした。
現在のスナップ撮影は、完全にデジタルに移行したので、もう1台サブ
となるカメラが必要だと悩んでおりました。

5Dだって、当時30万くらいしたはずでしたし、なによりもレンズの画角
が35ミリカメラと同じなのが使いやすいのですが、センサーの自動クリ
ーニングが付いていないのが最大の弱点でして、これが今の時代に
付いてないのがかなり痛い。
そこで、今月下旬に改良した5DのMarkⅡが出るのですが、発売して
すぐに飛びつくのはお金もないし、勇気もない。
熟成され、細部を改良されてから買いたいのが人情。

そこで、40Dを購入しました。
新型の50Dが出たおかげで、7万円そこそこまで値崩れしていたのです。
5Dと同じく1010万画素ですし、センサークリーニングも装備。
RAWもLとSの二種類あり便利。
問題は、画角が1.6倍になることと、一般ユーザーでも買えるような価格
のカメラを、我々が使用して撮影してお金をもらっていいのか?というデカ夫
の小さなこだわりでした。

ところが、5Dより後から出た40Dは、5Dよりもランクが下のカメラなのです
が、5Dよりも性能が良いのです。
ホワイトバランスをオートで撮影したとき「当たり」になる確立が5Dより良い。
それに、自動クリーニングなので、ゴミ取り作業をしなくて良い。
これは、かなり良いですね。

Resize346


画角が1.6倍になるため、200ミリのレンズで撮影したものがテレコン
なしで320ミリになるのです。
こういう撮影のときに重宝するのでは?と思い、先日のピアノ発表会の
撮影に5Dと一緒に持って行きました。
結果、40Dがメインとなり、抑えで5Dを使うことになりました。

行く行くは、5DMarkⅡを購入したいのですが、40Dがかなり使える
カメラなので、当面は5Dと併用していきます。

« 本日、七五三です | トップページ | それでは、スタジオは? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日、七五三です | トップページ | それでは、スタジオは? »

当店イチオシ!

FACEBOOK 「いいね!」

ツイッター


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazonウィジェット

無料ブログはココログ